三重県名張市丈六寺五輪塔(名張市有形文化財)修復させて頂きます。

三重県名張市赤目町の丈六寺にある五輪塔(名張市で一番古い1291年の年号があり)の修復をさせて頂く事になりました。

前から見ると綺麗に見えますが裏から見るとがっつり欠けています。
これらの損傷は天正伊賀の乱で信長の焼き討ちにあい、焼けてひび割れが生じ、それが経年劣化により剥がれ落ちて今に至ります。


さらしで巻いて、石を保護して

工場へ持ち帰り、これから修復していきます。
この五輪塔は、鎌倉時代に作られたもので、元々の風合いを守る為、機械に頼らず鉄ノミなど当時と同じ手作業の工具で、石を補填して修復いたします。

後世へと残る大切な手仕事を任せて頂き、心から感謝いたします。がんばります。

令和の職人が恥のないよう、丁寧に美しく修復させて頂きたいと思います。

みなさまのコメントお待ちしております

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)