日本では、多くの石工が石を売ろうと熱心になり、スキルを失いました。本当に悲しいことです。

しかし、私たちはそうではありません。長年にわたって獲得した昔ながらの技術を使用して、私たちは伝統的な石造物を作ることができます。(提灯、庭の家具、仏像、石の塔など)

確かに時間とお金がかかります。しかし、それは世界で1つだけのものです。
私たちは(そしてあなたも)それを手にすることができます。

日本の伝統文化・石造美術

石の加工は、仏教の到来(紀元538年頃)によって劇的な発展を遂げました。鎌倉時代(1192年~1334年)に石工芸術が栄えました。
千利休が茶道の庭に石を置き始め、日本の美意識/世界観が表現されました。
その後、日本の庭園を作る上で、石灯籠や石造美術などの石製品が不可欠になりました。

石製品は、日本のおもてなしの心、名誉の精神を表現する日本庭園を演出します(今日の出会いは一度きりの出会いであり、次の出会いは今日と同じ出会いではありません)。
石の置物は、経過した年月や天気に応じて異なる表現を示し、移り変わりを楽しむことができます。

谷本雅一(Tanimoto Masakazu)の思い

19歳で石工の世界に入った後、私が考えていることは1つだけです。つまり、誰かが少しでも美しいと思う作品を作りたいということです。
誰にも負けたくない。先人に負けたくありません。だからこそ、私は作品を作り続け、テクニックと美的感覚を磨き、進化し続けています。同じものが二度と生まれることはありません。そのチャンスを作るのは楽しいです。

「石」は素晴らしい。それは地球の祝福であり、時間の経過とともに自然に受け継がれました。その恵みの素材を、柔らかくて温もりがあるように私のスキルで表現していきたい。石は何年も残るでしょう。手仕事で作られたものは、時間とともに魅力が増します。日本の職人が作るものの良さを感じてほしい。

スキルを体得するには数十年かかります。それから、自分の足で歩いて、本物を見て、その場所の空気を感じて、私はそれを自分自身に取り入れます。それは言葉では言えない精神を必要とし、目と腕を鈍らせないように基本的なボディメイキングは欠かすことはできません。

伝統を残したい。日本の石工の数は非常に少なくなり、スキルを伝えるのが難しくなっています。若い人たちが将来希望が持てる石工の道を探ることを期待しています。そのためには、石工の地位を改善しなければなりません。また、私は多くの仲間にさまざまなことを学びました。私は今ここにいます。さらに、私が歩いたり、見たり、感じたり、経験したことを含め、それらを次世代につなげたいと思います。

谷本雅一(Tanimoto Masakazu)の経歴・受賞歴

私は1976年に日本の古都「奈良」の東にある大和高原の山添村に生まれました。高校を卒業して両親を去り、愛知県岡崎市で訓練を受けました。
その頃には、「第35回全国技能競技大会」などの大会で良い成績をとっています。(1位3回、2位3回)
前任者が少しでも培ってきたスキルを継承するために、昔ながらの手作りの作品を作ることにこだわっています。
2014年までに、業界最年少の38歳で日本から「卓越技能者賞」(現代の名工)を受賞しました。
1899年に設立された谷本石材の5代めの社長兼代表取締役兼社長になった今でも研鑽を続けています。

  • 1976 奈良生まれ
  • 1997 第35回技能五輪全国大会 : 優秀賞
  • 2001 第50回記念全国青年大会美術展 : 最優秀賞
  • 2007 第2回全国石材技能選手権 : 最優秀賞
  • 2009 第25回技能グランプリ : 第2位
  • 2011 第26回技能グランプリ : 第2位
  • 2012 第2回日本石塔展覧会 : 優秀賞
  • 2013 第27回技能グランプリ : 第2位
  • 2013 第64回三重県展彫刻部門「MUGEN」 : 入選
  • 2014 卓越技能者表彰(現代の名工)
  • 2015 第27回技能グランプリ : 第1位
  • 2016 第67回三重県展彫刻部門「浄化」 : 三重県町村会長賞
  • 2017 第68回三重県展彫刻部門「孤独」 : 優秀賞

ミニパンフレットがリリースされました!

株式会社谷本石材の第5代社長である谷本雅一(Tanimoto Masakazu)(現代の名工)のミニ作品集が完成しました。

現在、日本の製造業は危機的な状況です。安価な海外製品が流通しており、あらゆる産業が苦しんでいます。
石屋(石工)の世界も例外ではなく、厳しい状況です。職人になろうとする若者は少なく、職人の高齢化が進み、次世代の職人の数が激減し、スキルを伝えるのは非常に困難です。

日本人が作る上質な石製品、手作りの良さを知ってほしい。
例えば、平安時代や鎌倉時代に作られた石製品(文化財)は石工芸品といわれており、非常に美しく価値が高いとされています。
また、そのような先駆者の職人と競い合い、美しいものを残したいです。

職人の手仕事でしか作れない石の表現と仕上げ、石工としての誇り、伝統的な技術/技術の伝統、ものづくりの素晴らしさ、楽しさを伝えたいとこの作品の小さなコレクションで伝えたいと思います。

興味のある方はご連絡ください。

  • 説明文:日本語/英語

SNS

よくInstagramかFacebookにアップロードします。
興味があれば、フォローしてください。

作品

Stone Lantern

燈籠
Tourou

Washbashin

蹲踞
Tsukubai

Buddhist image

仏像
Butsuzou

お問い合せ

このフォームを使用してお問い合わせください。

  • 電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
  • 私たちがメールを翻訳するための時間が必要ですので、返信には数日または数週間かかります。
  • お客様との取引を除き、入力したデータは使用しません。