五輪塔

夏から少しづつ製作していた大和型五輪塔。

お施主様への引き渡しまではあと20日程と、納期が迫っていました。

朝も昼も夜も毎日時間のある限り石を打つ。

建てる場所で一番美しく見える様に、水輪(玉部分)を何度も組んでははずしを繰り返し、削って水輪全体のバランスを整えていきました。

現地である墓地は、前の車道から80㎝ほど上がった、すぐ横にありました。通路から見ることが一番多い事が想像できるので、道から見上げた時が一番美しく見える様に考えて作り続けました。

  

 

みなさまのコメントお待ちしております

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)