ビックリ!そんなにお金が掛かるの?

霊園やお寺の墓地には「指定業者制度」と言うものがあります。その中にはびっくりする内容がいっぱいあります。

先日、電話での問い合わせがあり、「違う業者さんの所の話で申し訳ないのですが、親の戒名彫りを依頼すると、18万掛かりますと言われたのですが、それくらいかかるものですか?」との事でした。

非常に高い。会社や地域が違えば多少の金額は違いますが、東京でもさすがにそこまでしないのに、奈良の田舎の墓地でそんなにするのか。指定業者になれば何をしてもいいわけではないはずです。価格はそれ相応の仕事の対価です。それも、自分で作業をするわけでもないのに、良くその金額を出せたものだと思います。

しかし、世の中とはそんな物です。東京・愛知・京都・大阪・大都市の大きな寺院はほとんどが指定業者制度です。同業者から見て、納得のいく素晴らしい業者が出入りしているのなら理解できますが、良く分からないマンションに一室を構えているだけの業者や、聞いたことのない名前の業者が多い。

なぜそうなるのかは理由があります。石屋は誰にでも出来てしまうからです。

一般の方は、石を頼むとその石材店が全てをしてくれると思っている方も多いと思いますが、実際はそうではありません。全体の8~9割の石屋は売っているだけいるだけのです。加工も・施工も出来ない。丸投げ状態です。

石屋には、国家検定がありますが、あろうがなかろうが石屋は出来てしまうので、全ての石屋が国家検定を持っている訳ではありません。だから、良く分からない石屋が生まれてしまいます。

それに、お金をつめば指定業者になれるのもおかしいです。だから、真面目に(きちんと技術を持っている)石屋をしている石屋が消えていきます。お金儲けの上手い石屋が残ります。なんだかな~。これが世の中か・・・・。

電話してこられたお客様もきっと、その金額(18万)ですることになるんだろうな・・・。時代の良い時に墓地を決め、お墓をたてるとその時は良かったんだと思います。しかし時代は変化しています。世の中不況です。

私達の業界も、いつまでも心のない事をしていると、もっと墓じまいを加速してしまいます。

石だけでもないし、ましてやお金だけでもない。供養する心を届ける。それが葬送文化に携わっている物の仕事だと私は思っています。

自分の仕事に誇りを持ってやっていきたいです。

みなさまのコメントお待ちしております

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)