大和様式宝篋印塔

村里を望む小高い丘の墓所に建立させていただいた宝筐印塔です。
高さは約1.9m。滋賀県にある西香院宝筐印塔(さいこういんほうきょういんとう)を本歌に創作いたしました。石は庵治細目石を使用しております。
この宝筐印塔は上から相輪(そうりん)・屋根・塔身・基礎・返華座(かえりばなざ)の5つの部分からなっております。
相輪の上下には、請花(うけばな)を8枚刻み、塔身には仏様が鎮座される蓮座の上に月輪で囲んだ種字(仏様を表す文字、梵字)を薬研彫しました。
基礎は元のものより、少し幅を広げました。返華座は複弁とし一面に5弁としました。

■ 建立:H24年
■ 石材:庵治石

五輪塔・宝篋印塔をはじめ、灯籠や石材美術などの製作や修復も承っております。
お気軽にご相談くださいませ。

一覧へもどる