字彫作業

お彼岸までに工事をするお墓の字彫をしていました。

古くから続く家は、ご先祖様は沢山おられます。だからすごく戒名が多い。しかし、本当に多い。32名分。

一文字ひともじ丁寧に。石碑の正面字、家紋、霊標。一括りに字彫ですが、それぞれ彫り方が違います。私のこだわりですが、正面字は文字が大きくなるので、筆で書いた字の流れを意識し、強弱をつけて深さを変えながら彫ります。

家紋は、はっきりと見える様に、平らにするところは極力平らになるように、霊標は文字が小さいので一文ずつ丁寧に、慎重に彫り進めます。

様々な所にもこだわりをもって、丁寧な仕事を心がけています。

 

みなさまのコメントお待ちしております

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)