石燈籠の火袋が完成しました

前回の続きです。熊本県の神社にある石燈籠が、2016年に起きた地震により倒壊し、石が割れてしまったので新しくするという事で、今回熊本県の石屋さんから8個の火袋の依頼を頂いていました。それが先日無事完成いたしました。

6面全てに必要な所をノミ切りをします。それが終わると、角を作っていきます。

電動工具で切り込みを入れて、ノミで荒取りし額彫りをしていきます。

荒取りした面をエアービシャンで平らに仕上げます。

ビシャン面をノミ切りしていきます。

そこまで仕上げたものをボーリングで穴を開けます。

ボーリングで抜いてから中を長ノミで仕上げます。

ボーリングで穴を開けたところをノミで仕上げます。

こんな感じです。中もノミ切りで仕上げました。

額のふちも細いノミで仕上げます。

こんな感じに完成です。

反対側はこんな感じ

一度に8個もの火袋の製作はしたことが無かったため、中々大変な作業でしたが先日熊本県へ搬送致しました。

大変な作業でしたが、造っているときは無心になれるのでとても楽しかったです。
自分が作った物が手から離れるときは、安心とともに寂しさも感じます。

この様な仕事の依頼があることに、心から感謝しています。

みなさまのコメントお待ちしております

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)