當麻型五輪塔

奈良県葛城市に残る平安時代に建立された當麻型五輪塔をもとに今様にアレンジした高さ約150cmの五輪塔です。
平安時代から続くお寺のご住職のお墓として制作させていただきました。
水輪、火輪の柔らかな曲線が五輪塔の表情を優しくしています。

■ 建立:H26年
■ 石材:大島石

一覧へもどる